カフェインが入ったものを飲むと肌が荒れることがある

コーヒーなどのカフェインが入ったものを飲むと、肌が荒れることがある。美容の世界ではよく言われていることだ。病院の皮膚科の先生も同じようなことを言っていた。

カフェインと肌には深い関係がある。カフェインのアレルギー症状の中には、肌に関するものがいくつかある。

アレルギー症状
  • かゆみ
  • じんましん
  • 皮膚が赤くなる

睡眠と肌

カフェインは睡眠の質を変える。睡眠の質が悪くなると、結果的に肌が荒れる。コーヒーを飲むと目が覚めるが、目が覚めるということは、眠れなくなるということでもある。眠ったとしても、すぐに起きてしまったりすることもある。眠りが浅いというやつだ。

好きなものでも悪くなる

コーヒーはおいしい、コーヒーが大好き、と思っている人でもコーヒーが原因で体が悪くなることはある。好きなものだから大丈夫という思い込みをしないようにしよう。もしかしたら、カフェインアレルギーや、カフェイン過敏症かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。