カフェイン依存になってしまう

コーヒーを飲む人は、ほぼ毎日コーヒーを飲んでいる。朝にコーヒー、仕事中もコーヒー。カフェインを口にするのが習慣になっていることを、カフェイン依存と言う。ニコチン依存や、アルコール依存と同じだ。

依存とは
他のものに頼って生活していること

カフェインが入ったものを毎日飲んでいると、自然とカフェイン依存になってしまう。カフェインは精神刺激薬で、依存症を引き起こすことが知られている薬物。カフェイン依存の先にはカフェイン依存症がある。カフェイン依存症は薬物依存症。

依存症とは
何かの習慣的な行動が、自分の生活や人生にダメージを与えているのに、意志の力ではそれがやめられない状態のこと

カフェイン依存症になったとき、自分がカフェイン依存症だと自覚している人は少ない。ほとんどの人が無自覚、つまり、気づいていない。

カフェインを口にしている全ての人が、カフェイン依存やカフェイン依存症になるわけではないので、誤解をしないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。