カフェインと睡眠の関係

カフェインには眠気を抑制する覚醒作用がある。簡単に言うと目が覚めるということだ。目が覚めるということは、眠れなくなるということでもある。

寝る前にカフェインが入ったものを口にすると、眠れなくなったり、すぐに目が覚めてしまったりすることがある。カフェインは睡眠のジャマをすることがある。

カフェインの影響は人それぞれなので、寝る前にカフェインが入ったものを口にしても、ぐっすりと眠れる人もいる。逆に、眠れなくなる人もいる。

眠気を覚ますときには便利なカフェインだが、口にするタイミングを間違ってしまうと睡眠の質を悪くすることがある。

どのタイミングで口にしても、睡眠の質が悪くなるという人もいる。自分がカフェインに強いのか弱いのかを知ることが大事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。