寝つきが悪い原因はカフェインかもしれない

寝つきが悪くなってしまった時、最初に疑うべきものはカフェイン。カフェインには眠気を抑制する覚醒作用があるので、眠れなくなることがある。

カフェインの影響は人それぞれで、カフェインに弱い人の場合、どの時間帯に口にしても、眠れなくなったりすることがある。

寝つきが悪くなった原因がカフェインだった場合、その対処法は、カフェインを口にしないこと。これを実行すれば寝つきは良くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。