珈琲(コーヒー)が飲みたくなる理由

珈琲に含まれているカフェインには依存性があるので、珈琲を飲みたくなる。もちろんそれだけが飲みたくなる理由ではないが、最大の理由と思われる。

カフェインは精神刺激薬なので、カフェインが入ったものを口にすると、目が覚めたり、頭がスッキリしたりする。この刺激を身体が求めているので、カフェインが入ったものを飲みたくなる。

お酒のアルコールや、タバコのニコチンの依存性はよく知られているが、カフェインの依存性はあまり知られていない。

カフェイン

カフェインはアルカロイドの1種。コカイン、モルヒネ、ニコチンもアルカロイド。カフェインは、コーヒー、お茶、紅茶、ココア、チョコレートなどに含まれている。カフェインを人工的に添加した炭酸飲料などもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。