珈琲を飲むと吐き気がする胃が痛くなる

珈琲に含まれているカフェインには、胃酸分泌促進作用があるので、珈琲を飲むと胃液が出て胃を荒らしてしまうことがある。とくに胃の中になにもない空腹のときは胃が荒れやすい。

吐き気や胃痛などを避けるためには、空腹のときに珈琲を飲まないとか、カフェインが入ったものを飲まないようにするなどの対策が必要。

ネコが好きだけどネコアレルギーという人がいるように、好きなものが体に合っていないというのは珍しいことではない。好きで飲んでいる珈琲が、吐き気や胃痛の原因かもしれない。

胃粘液で守られている

胃に食べ物が入ると、胃酸と胃粘液が分泌される。胃酸は食べ物を消化し、胃粘液は胃の内側の壁を守る。胃酸によって胃そのものが消化されないのは胃粘液があるから。なにかの理由で、胃酸と粘液のバランスが崩れると、胃酸が胃を刺激して胃が荒れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。