珈琲を飲むと眠れなくなるのはなぜ?

珈琲を飲んで眠れなくなるのは、珈琲に含まれているカフェインが原因。カフェインには覚醒作用があり、眠気を抑制する。簡単に言うと目が覚める。

寝る前などに、カフェインが入ったものを口にすると、眠れなくなることがあるので気をつけたほうがいい。

カフェイン

カフェインは、珈琲のほかに、お茶、紅茶、ココア、炭酸飲料などにも入っている。食べ物や薬にもカフェインが入ったものがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。