珈琲を飲むと頭が痛くなる

珈琲を飲んで頭が痛くなるのは珍しいことではない。珈琲に含まれているカフェインは、頭痛と関係があり、頭の痛みを和らげたり、逆に、頭痛の原因になったりする。

カフェインの影響は人それぞれなので、珈琲を飲んで頭が痛くなる人もいれば、痛くならない人もいる。珈琲を飲むと頭が痛くなる人は、珈琲を飲むのをやめたほうがいい。

珈琲を飲むのをやめると、カフェインの離脱症状で頭が痛くなることがある。珈琲を飲むのをやめる場合は、離脱症状の知識をつけたほうがいい。

参考 カフェインの離脱症状を上手に乗り越える方法カフェインブロッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。