肌荒れの原因はカフェインかもしれない

カフェインのアレルギー症状の中には、じんましんや、かゆみなどの皮膚に関係するものがある。もしかしたら、肌荒れの原因はカフェインかもしれない。

毎日のようにカフェインが入ったものを口にしている場合、カフェインの摂取をやめることで、肌荒れの原因なのか、肌荒れと関係がないのかが分かる。

カフェインを口にするのをやめて、肌の調子が良くなったら、そのままカフェインの摂取をやめ続ける。

なにも変化がないようなら、カフェインが原因ではないということが分かるので、他のものを疑う。原因解明に近づくことができるので、無意味なことにはならない。

カフェイン

カフェインの摂取をやめるのは簡単ではない。なぜなら、色々なものにカフェインが含まれているから。カフェインは飲み物だけではなく、食べ物や薬などにも入っている。

口にするもの全てに注意をしないと、カフェインを摂取してしまう。どんなものにカフェインが入っているのかは、このサイトの他の記事で説明しているので見てほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。