カフェインの摂取でお肌が荒れることがある

カフェインには胃酸分泌促進作用があるので、カフェインが入ったものを口にすると胃液が出る。空腹のときなどに胃液が出ると、胃を刺激するので胃が荒れる。

胃腸と肌には深い関係があり、内蔵の調子が悪いと、肌の調子も悪くなったりすることがある。カフェインによって胃が荒れると、肌に影響がでることもある。

睡眠

カフェインには眠気を抑制する覚醒作用があるので、寝る前などにカフェインが入ったものを口にすると、眠れなくなったりすることがある。

睡眠と肌には深い関係があり、睡眠の質が悪いと、肌の調子が悪くなったりすることがある。カフェインによって睡眠の質が低下すると、肌に影響がでることもある。

アレルギー

カフェインのアレルギー症状の中には、じんましんや、かゆみなど、肌に関係するものがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。