カフェインをやめた理由は悪くなった心と体の状態を元に戻すため

心と体の状態が、良いときと悪いときがあることに気がついた。それから何年たっても良い方向に向かうことはなく、逆にどんどん悪くなっていった。これはまずいと思い、自分で元の状態に戻すことにした。

まず最初に、規則正しい生活をして生活習慣や睡眠などを改善してみたが、思っていたような変化は無かった。次に、食べ物を疑い、食事の内容を何度も大きく変えてみたが、これもダメだった。次に、飲み物を疑ってみた。

カフェインにたどりつく

いつも飲んでいる物に入っている成分について1つずつ調べてみた。すると、カフェインの作用やアレルギー反応が、自分の悩んでいる内容と一致することに気づいた。コレだ、コレしかない、と思った。そしてカフェインを完全にブロックすることにした。

ブロックするのは大変だ

最初、カフェインを体内に入れないのは簡単だと思っていた。コーヒーやコーラなどを飲まなければいいだけだろうと思っていた。その考えは甘かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。