カフェインの離脱症状を上手に乗り越える方法

カフェインをやめると、頭が痛くなったり、イライラしたりすることがある。カフェインの離脱症状というやつだ。そのカフェインの離脱症状をうまくクリアする方法を紹介しよう。

カフェインの離脱症状は、カフェインを突然やめると出やすい。だから、いきなりカフェインをゼロにするのではなく、徐々に減らしてからゼロにするのがいい。

10日から20日くらいのカフェイン減量期間をつくって、計画的にカフェインの量を徐々に減らそう。

次に、カフェインをゼロにしたあとの話だが、もしカフェインをやめて頭が痛くなったらカフェインが入っていないノンカフェインの頭痛薬を飲むようにしよう。多くの頭痛薬にはカフェインが入っているので気をつけてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。