カフェインとは

カフェインはアルカロイドの1種で、世界中で使われている精神刺激薬。コカイン、モルヒネ、ニコチン、フグの毒として知られるテトロドトキシンもアルカロイドの1種。

1819年にドイツの科学者、フリードリープ・フェルディナント・ルンゲが、コーヒーからカフェインを取り出すことに成功。コーヒーに含まれていることからカフェインと命名した。

カフェインは口から摂取した場合、約30分で脳に到達する。その後、尿と共に排泄される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。