カフェインの離脱症状

カフェインの離脱症状とは、長期間カフェインを口にしていた人が、突然カフェインを口にしなくなったときに現れる不快な症状のこと。

離脱症状は、カフェインの摂取をやめてから12時間~48時間後に出る。そして、数日から1週間くらいでおさまる。

離脱症状
  • 頭痛
  • 眠気
  • 疲労感
  • 吐き気
  • 不安
  • イライラ
  • 無気力

離脱症状は必ず出るわけではない。症状が出る確率は、およそ50%という報告があるらしい。カフェインの摂取量が多いほど、症状は出やすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。